タブレットの選び方、OS比較、レビュー【タブなび】 » 仕事で利用するのに適したタブレットを選ぶ3つの基準

仕事で利用するのに適したタブレットを選ぶ3つの基準

仕事でノートパソコンではなく、タブレットを使いたいという人も多いと思います。
 
タブレットは種類が多く「どれを選べば良いのか分からない」という人の為に、仕事で使えるタブレットをどう選べば良いのか3つのポイントにまとめました。購入の際の参考にして下さい。
 

1.仕事で使うなら、大きめのサイズがオススメ

タブレットは大きく分けて7インチ、8インチ、10インチの3つのサイズがあります。
 
サイズが小さい方が、軽量で持ち運びに便利です。
ただ、仕事で使うというのであれば、作業できる範囲が広い方が効率があがります。
なので10インチ以上のサイズのタブレットがオススメです!
 

2.仕事で使えるOSを選ぶ

タブレットで採用されているOSは、iOS、Android、Windows 8.1の3つの種類があります。
 
Apple製のiOSは人気のタブレットiPadに使用されています。
動作もスムーズでアプリの数も豊富なのが特徴です。
 
Androidは、タブレットによっては非常に安価なモデルもあります。
種類が多いのは利点ですが、あまり安すぎるタブレットの場合は動作が遅く、仕事では使いづらい場合があります。
 
Windows 8.1は、パソコンで採用されているのと同じOSなので仕事をするという場合も操作感などはパソコンと同じなので、オススメです!
 

3.アプリを使えば、Officeはある程度は使用可能

アプリを使えば、iOSもAndroidもWindows 8.1もOfficeのWord、Excel、PowerPointを使うことが可能になります。
 
ですが、iOSとAndroidで使えるOffice系のアプリは、あくまでも簡易版といえます。多少の文章作成や資料の閲覧が出来るという程度のものが多くあります。
 
対して、Windows 8.1はMicrosoftの純粋なOfficeを使うことができるので、タブレット単体でOfficeでの作業を完結させることができます!
 

ビジネス用途なら、Surface Pro 3がオススメ

ビジネスでの利用を考えているならMicrosoft製のSurface Pro 3がオススメです。大型の画面でWindows8.1を搭載しているので、パソコンのように使うことができます。
 

仕事用ならネット回線も考えたい

タブレットを仕事で利用する場合、移動中の電車や出先でインターネットに接続して使う機会が増えます。
 
最近は公衆無線LANや、カフェや飲食店でもWi-Fiが使えるところも増えていますが、まだ数は多くないため、モバイルルーターをネット回線にすることをお奨めします。
 
Wi-FiルーターはWiMAX2、ワイモバイルなどがありますが、各キャリアの特徴や、Wi-Fiルーターの活用方法、Wi-Fiルーターを使った通信費の節約方法については、WiFiルーターの比較とキャンペーンデータベース さんの解説がわかりやすいです。
 

タブレットの大きさを選ぶ基準

タブレットは、様々な種類のものがあります。
OSの種類でタブレットを選ぶという場合もあると思いますが、OSで選んでもタブレット本体のサイズをどうするのかで変わってきます。
 
タブレットのサイズや、どのサイズを選ぶのかについて簡単にまとめてみました!タブレットを購入する際の参考にしてみて下さい!
 

タブレットのサイズは何があるのか?

タブレットのサイズは、大きく分けると小型の7インチ、8インチ、大型の10インチなどのサイズが一般的です。なかには、10インチ以上の大型のタブレットもあります。
 
サイズごとに使い方などが変わってくるので、自分にあったサイズのタブレットを選ぶようにしましょう!
 

使い方でタブレットのサイズを決めるといい

タブレットの使い方でサイズを選ぶようにすると、タブレット購入の際の失敗は少なくなります。
 

7インチのタブレット

7インチは小型で持ち運びもしやすく、日常的に使うという使い方に最適です。スマートフォンの延長のように、手軽に使えるのが7インチサイズの魅力です。ネットをしたり、電子書籍を読んだりするのに最適です。
 

8インチのタブレット


8インチタブレットは、7インチと1インチしか違いませんが、作業領域は大きく変わってきます。エンタメ目的に使っても、仕事をメインに使っても問題無く使うことができるのが特徴です。
 
ただし、まだまだ8インチの画面を搭載しているタブレットの数はそれほど多くありません。
 

10インチのタブレット

10インチのタブレットは、大型の画面なので仕事などに使うのはもちろん、映画などの映像コンテンツを観る時も大いに楽しむことができます。
 
ただし、端末自体が重くなってしまうので持ち運びが億劫になったり、価格が高くなったりするというデメリットもあります。
 

自分の使い方に合わせてタブレットを選ぼう

タブレットはサイズによって、使い心地が大きく変わってきます。
自分の使い方にあわせてタブレットを選べば、使い心地もよく購入した際にも「失敗した」と思う事は少なくなります。
 
自分の使い方に合わせて、タブレットのサイズを慎重に選んでみてはいかがでしょうか。

 

最近の投稿
カテゴリー